ミネラルウォーターや海洋深層水・温泉水の情報や水に関する雑学など、人体の60%以上を占める水ですが、意外に知られていない水にまつわる一味違ったお話をお届けします

水の雑学プラス

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス甲信越地方のミネラルウォーター > 信州・雨飾山の天然水 ]

信州・雨飾山の天然水

< 信州・雨飾山の天然水の記事はココから >
JUGEMテーマ:旅行


長野県北部の新潟県との県境に近い雨飾山は、日本百名山にも選ばれている名山です。

その麓の町が温泉で名高い小谷村ですが、そこの道の駅で購入したものです。

この道の駅は温泉が併設されていたり、オリジナルの生産品が多いところですが、雨飾山の天然水も販売者は「道の駅おたり」と書かれています。

小谷村はゆったりと流れていた千曲川が山間に入って、険しい渓谷を蛇行しながら流れて行く場所で、道の駅では過去の大水害の映像なども見れました。

厳しい自然の中での創意工夫が、いろいろな商品を生み出しているのでしょうね。


雨飾山の天然水

素朴なデザインですが裏側には違う写真が使われていて、登山や温泉に行かれた方なら思い出にもなりますね^^

横にはマスコットの「たりたり」も居て、なかなか商売熱心な道の駅だと感心してしまいます。

標高1200mの地点で採水されたという水は珍しいですね。
製造・輸送はかなりの困難だと思います@@

100ミリリットル当たり栄養成分は

◆ナトリウム   0.37mg
◆カルシウム   1.72mg
◆マグネシウム  0.27mg
◆カリウム    0.06mg

この水は残念ながら地域限定のようで、楽天にはありません。

< 信州・雨飾山の天然水の記事の続きはココから >
< 信州・雨飾山の天然水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
<< 南紀白浜 富田の水 | 水の雑学プラス | フランスのヴァットヴィレール >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
美容と健康に良い甘酒のお話!
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事