ミネラルウォーターや海洋深層水・温泉水の情報や水に関する雑学など、人体の60%以上を占める水ですが、意外に知られていない水にまつわる一味違ったお話をお届けします

水の雑学プラス

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス甲信越地方のミネラルウォーター > 山梨県富士三ツ峠のこんこん湧水 ]

山梨県富士三ツ峠のこんこん湧水

< 山梨県富士三ツ峠のこんこん湧水の記事はココから >
山梨県と言うより、三ツ峠のほうがイメージが湧くかも知れません。

ネスレ日本が販売している水ですが、傾向として大手の企業が販売している水は湧出量が多くて、クセのないものが多いですね。

ミネラル成分が多いと冷やして飲むとちょうど良い美味さですが、常温になると意外に美味くないと感じることがありますが、この手のタイプではそういうこともなく普通に飲むことができます。

もちろん料理や、珈琲、お茶などには使い易いですね。

一般の自動販売機では見かけることが少ないで、ちょっと探すのが大変です。

山梨県三ツ峠のこんこん湧水

100ml中の栄養成分は

◆ナトリウム   0.20〜0.35mg
◆カルシウム   0.70〜1.40mg
◆マグネシウム  0.10〜0.30mg
◆カリウム    記載なし

硬度26mgでpHは7.5です。
   



★富士・三ツ峠のこんこん湧水が安い店★


< 山梨県富士三ツ峠のこんこん湧水の記事の続きはココから >
< 山梨県富士三ツ峠のこんこん湧水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
<< 青森県南津軽の名水・梵珠百水 | 水の雑学プラス | 沖縄県・海洋深層水 球美の水 >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
美容と健康に良い甘酒のお話!
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事