ミネラルウォーターや海洋深層水・温泉水の情報や水に関する雑学など、人体の60%以上を占める水ですが、意外に知られていない水にまつわる一味違ったお話をお届けします

水の雑学プラス

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の災害 > 青森県八戸付近での断水 ]

青森県八戸付近での断水

< 青森県八戸付近での断水の記事はココから >
JUGEMテーマ:地域/ローカル

2009年早々の1月1日に青森県の八戸市周辺で広範囲な断水がありましたが、その概要は以下のとおりです。


青森県八戸市や三戸町など1市6町の計約9万2600世帯(約23万8000人)で、2009年1月1日の夕方から断水していて、復旧は3日になる見通しということでかなり長引く予想です。

同市内の導水管に漏水が見つかったので取水を停止したためで、恐らく極寒の中で道水管に亀裂が入ったのではないかと思いますが、同市の約6割の世帯と、三戸、南部、階上、おいらせ、六戸、五戸の各町で広範囲に断水している状況です。



気温が下がると、何処の場所であっても凍って管内の水が膨張しますので、青森県などの北日本に限らず導水管が破裂する可能性があります。

過去には京都など日本列島で言えばかなり南部でも、凍結による破裂は起こりましたので、特に異常気象が進んでいる現代では今まではその手の災害がなかった地方も注意したほうが良いでしょう。

例えば、最悪の場合は八戸の別の場所でも同様の状況になる可能性があり、予想外の災害に発展する可能性もあります。

現代人の場合は飲食で調理と食器洗い、洗濯にお風呂とトイレと大量の水が必要です。

習慣として寒い時期はお風呂のお湯は多めにはって、捨てずに残すようにするほうが良いでしょう。

環境に配慮している人は残り湯で洗濯したりしていると思いますが、これは災害時も非常に有効でいろいろな使い方ができます。


お風呂も漬物石があるような家庭(ない場合は常備しておくほうが良いです)なら、ガスレンジで焼け石にしていくつかお風呂に放り込めば普通に浸かることができます。

お風呂の残り湯が多ければ、洗濯とトイレ用も最低限なんとか維持できるでしょう。

飲み水は給水所でもらうしかないですが、極寒の中で誰もが多くの水を運べる訳ではないので、ミネラルウォーターは通販ではとても安いですし配達してもらえるので常備しておくのがいいでしょう。

2リットルでも1本わずか105円〜110円ですので、飲食だけなら10本程度で1050円〜1100円の投資(配達料は除きます)で備蓄しておけばなんとかなります^^

 

< 青森県八戸付近での断水の記事の続きはココから >
< 青森県八戸付近での断水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
<< 水と温泉の関係 | 水の雑学プラス | 羊蹄のふきだし湧水 >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
美容と健康に良い甘酒のお話!
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事