ミネラルウォーターや海洋深層水・温泉水の情報や水に関する雑学など、人体の60%以上を占める水ですが、意外に知られていない水にまつわる一味違ったお話をお届けします

水の雑学プラス

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > プラチナウォーターAPt ]

プラチナウォーターAPt

< プラチナウォーターAPtの記事はココから >
JUGEMテーマ:健康
ドラッグストアで買ったドリンクで、プラチナウォーターAPtという製品があります。

その名のとおりプラチナ(白金)が添加されています。

プラチナウォーター
活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われていますが、これには2つ問題点があります。


まず、抗酸化作用そのものがはっきりと医学的に人体との関係が解明されたものでなく、臨床試験を経ていないものです。

酸化=老化というのも考え方の一つですが、酸化という作用がなければ体内に入ってくる異物に対する抵抗力もなくなるはずですから、もともと活性酸素の除去も程度の問題です。


もう一つはプラチナの抗酸化作用そのものも人間に対する効果が確認されたものでなく、マウス実験で推定される効果があったというだけです。

キチンキトサンのように動物実験では効果があっても、人間には食物繊維(人間が消化吸収できないもの)としての役割しかないものもあります。

大豆製品のようにイソフラボンは厚生労働省から摂取制限(イソフラボンには催奇形性があります)が出ているにも関わらず、今でも健康食品として売られているものもあります。


売れれば何でも良いというものでなく、水はあくまで味を楽しんだり、水を摂取することそのもが健康になったりはしますが、健康系食品の大半は健康どころか摂取の量によっては不健康になるような製品もたくさんありますのでご注意のほどを。

ちなみにこの水は谷川岳の水が使われているそうなので、その程度の楽しみ方で十分かと思います。
< プラチナウォーターAPtの記事の続きはココから >
< プラチナウォーターAPtの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 水と温泉の関係 ]

水と温泉の関係

< 水と温泉の関係の記事はココから >
JUGEMテーマ:旅行

温泉の元となるのは当然に雨水が地中にしみ込んでいき、地中の成分と混ざって温泉水となります。

温泉の湧出量を守るために炭酸泉で有名な長湯温泉が森林作りに取り組むというのが、確か数年前に新聞に出ていたと思いますが、長期にわたって周辺地の保水力を高めるには有効です。

水が豊かな地域としては世界遺産のぶなの森がある白神山脈など、山と森の豊かな地域と関係が深いように思います。


地中の層の状態にもよりますし、地中に入った水はそのまま地下水脈となる水もありますが、それが温泉となるとそれほど相関関係はなさそうです。


一つの温泉地として最も湧出量の多い群馬県の草津温泉は高度1000メートルの地にあり、回りは自然が豊かなもののそれほど山と森に囲まれた雰囲気でもありません。

一つの源泉として最も湧出量が多いと思われる秋田県の玉川温泉も山の上のほうにあって、温泉のまわりは硫黄が吹き出す状態です。

いずれも地中深くから高温で湧出していると思われ、たまたま広い範囲から集めた水が岩盤の弱い部分から湧出してくるのでしょう。

そうなると長湯温泉ではないですが、源泉の保護となれば相当な範囲で取り組まなければいけません。


そんな中で一つ面白い温泉があるのですが、それが和歌山県南部の湯川温泉にある「ゆりの山温泉」です。

ゆりの山温泉はゆかし潟という周囲2.2キロの湖の横にあって、それが豊かな温泉の源泉に地中深くで変わるのかも知れません。


ここは身体を洗う水道から温泉水が出ています。

それだけならたくさんありますね^^

ここの温泉はカランのコックがついていないのです!

というとことは温泉が流しっぱなしで、もちろんコックがないので24時間止められません。


源泉垂れ流し^^;
< 水と温泉の関係の記事の続きはココから >
< 水と温泉の関係の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 身体と水の関係・脳と水の関係 ]

身体と水の関係・脳と水の関係

< 身体と水の関係・脳と水の関係の記事はココから >
JUGEMテーマ:健康
水と身体の関係は密接ですし、ほとんどの方はご存知のものが多いです。

血液となって身体の隅々まで栄養を運んだり、汗になって体温の調節をしたり、尿となって老廃物の排泄を行なったりしています。


ヒアルロン酸は別の記事で書きましたが、体内に水分を蓄積する大切な役目です。

例えば高齢になると特に女性は骨粗しょう症になったりしやすいですが、膝の関節が割れてきたりすると水分が少ないと痛みが増すようで、膝にヒアルロン酸の注射をしたりするそうなので、水分を補給するだけでなくいろんな工夫が必要になります。


脳と水の関係ですが、脳はまわりが水分になっていて頭蓋骨の中に浮いたような構造になっています。

直接、頭蓋骨にくっついた構造だと、少しの衝撃でも脳が損傷しやすくなります。

水というのは衝撃を吸収するのにちょうど良いということですが、現実の世界で比較してみましょう。


例えば昔の外車というのはボディが強靭なため激突しても運転席は比較的潰れることは少ないですが、人体は衝撃がそのまま伝わるために損傷しやすいと言われていました。

一般の乗用車で劇的に構造が変わったのはF1の影響だと思いますが、ホンダがボディの前後は壊れやすくして衝撃を吸収し、乗車している人に損傷が少なくなるようにしたのが1980年代に導入したクラッシャブル構造ではなかったかと思います。

時速300キロのハイスピードから人体を守るのは固く強くするのではなく、柔らかくすることが衝撃吸収になるというものです。


脳の場合は外側の頭蓋骨で守るのですが、衝撃は水分という柔らかいもので吸収するということですね^^
< 身体と水の関係・脳と水の関係の記事の続きはココから >
< 身体と水の関係・脳と水の関係の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 日本一低い中央分水嶺は北海道の新千歳空港 ]

日本一低い中央分水嶺は北海道の新千歳空港

< 日本一低い中央分水嶺は北海道の新千歳空港の記事はココから >
JUGEMテーマ:地域/ローカル
中央 分水嶺というのは雨が降ったときに太平洋と日本海に注ぐ分かれ目のところだと思ってもらえれば結構です。

北海道の空の玄関口、千歳市にある新千歳空港は一般旅客用の空港と自衛隊の空軍が利用する空港が隣同士にある珍しい空港です。

札幌方面から車で新千歳空港に向かうと千歳市内で大きく左折する道がありますが、まっすぐ行くと駐屯地というところが平和という地名で自衛隊がある土地名として適切なのかどうか・・・ちょっと複雑な気持ちになります。


新千歳空港は花畑牧場の生キャラメルで連日行列ができることで有名になりましたが、北海道各地のグルメが大集合していて空港限定品なども多く活気のある売店・飲食店がひしめいていて全国の空港関係者が見学に来るほどです^^
花畑牧場



新千歳空港の中央分水嶺は標高20メートルと日本一低いのですが、車で国道36号線を走ると丘陵地帯を走るので標高が分かり難いので実感がありませんが結構低いのですね^^
新千歳空港

ちなみに本州一低い中央分水嶺は兵庫県氷上町の標高95メートルだそうです!
< 日本一低い中央分水嶺は北海道の新千歳空港の記事の続きはココから >
< 日本一低い中央分水嶺は北海道の新千歳空港の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > ウォーターダイエットの解説と効果 ]

ウォーターダイエットの解説と効果

< ウォーターダイエットの解説と効果の記事はココから >
JUGEMテーマ:健康

ウォーターダイエットはご存知でしょうか?

世の中にはいろんなダイエット方法がありますが、効果がある人ない人があって唯一の方法とうのはないものの、使い方によっては良いダイエット方法だと思いますので紹介しておきます。

簡単な話で1日2リットルの水を飲みましょうというものです。
もともと水分に関しては2リットル程度の摂取は必要とされていますが、水分は食品にも含まれていますので計算が面倒ですが、ウォーターダイエットは計算しやすい^^

なぜ痩せるのかというと

◆満腹感を高めて食欲を抑える

◆汗や尿の排泄などデトックス効果を促進する

◆新陳代謝を上昇させる

というのが主な効果とされています。

そうなると水分は定期的に摂取しないと2リットルは飲めませんし、食前に飲むと効果が上がることになります。

キャベツダイエットなどで主食の前にカロリーの少ないもので満腹中枢を刺激する方法と基本は同じです。

違いは水分であればいいのでキャベツと違って飽きがこないことでしょう。

キャベツにも多くの水分が含まれますし、スープダイエットなども同じ効果がありますので、飽きっぽい人は食前にカロリーが少なく、ある程度の腹を満たすものを食べたり飲んだりする習慣がつけば大丈夫です。

カロリーの高い食事をするときなどはコントレックスを飲むなど、柔軟に対応すればいいです。

やめてしまうことが一番悪いですから・・・・


添加物や脂肪が体内に蓄積され難いようにするには、水分摂取は特に便秘がちな女性には効果的です。

ダイエットが不要な人も水分摂取は必要なので、日常生活に取り入れてみましょう。
< ウォーターダイエットの解説と効果の記事の続きはココから >
< ウォーターダイエットの解説と効果の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 人間が生活に必要な水の量とは ]

人間が生活に必要な水の量とは

< 人間が生活に必要な水の量とはの記事はココから >
JUGEMテーマ:健康

人間が健康に普通の生活をするために、どのくらいの水が必要だと思いますか?

身体に摂取する水分は2.5リットルと言われていますが、それ以外に例えば調理やお風呂、洗濯にも清潔な水が必要ですし、現代人はトイレも水洗ですから、過去よりも必要とされる水が増えています。

お風呂に関しては家族で住んでいて、追い焚きできるお風呂ですと一人当たりの必要な水の量は抑えられますが、それがない前提となると50リットル程度が必要だそうです。

シャワーやお風呂で35%、トイレで30%、洗濯20%、料理等10%、掃除(雑巾等)5%という構成比となります。


一方人間が使うことのできる水というのは、地球上にある水の僅か0.008%という少なさです。

大半は海や大気中の水蒸気、氷河などの使うのに適していない水です。

比較的水量が豊富な国はカナダやロシア、北欧諸国、中米、オセアニア、コンゴ周辺などがありますが、実は日本は十分な量はあるものの、人口から見ると余るほど豊富というわけではありません。

オーストラリア南部は異常気象による干ばつなどもニュースで報道されていますが、国全体としては十分な量があります。

日本の場合は狭いわりには綺麗な水が多いのですが、急流も多くすぐに流れてしまいます。

日本人は一人当たり300リットルの水を使っているそうですが、毎年水不足が起こっているような地域もあって、かなり地域差があると考えられますね^^


雑木林が多かった昔ならブナやナラの木は多くの水を吸い上げて、土が乾燥してくると放出するという働きがありましたが、杉の植林が増えて保水力が弱くなっています。

しかも植林は密集していますので、放置されると太陽光が地面に届かないので、下草も十分ではなく植物が少ない土には保水力がなく、雑木林と比べると水害も多くなる原因となります。

森の再生というのは水の確保にも温暖化防止にも水害防止にも役立つのですが、日本国内の材木は採算が合わないためにほとんど進んでいません。

特に保水力が高い木で再生することが、地球温暖化で重要な役割を果たすのですが、経済効果が見込めないので、残念ながら自然破壊が進むことが予想されます。

ちなみに森つくりで話題になったところでは、炭酸泉で有名な長湯温泉が泉源を守るための取組みが一時報道されましたね。
< 人間が生活に必要な水の量とはの記事の続きはココから >
< 人間が生活に必要な水の量とはの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 人間が摂取すべき水分量とは? ]

人間が摂取すべき水分量とは?

< 人間が摂取すべき水分量とは?の記事はココから >
JUGEMテーマ:健康


人間が摂取すべき水分量は、排出する水分が補えればいいわけですから同じ量になります。

成人男性は約2.5リットルですが、摂取するのは直接水やお茶を飲むだけでなく、食物にも水分が含まれていますので合計で摂取すればいいわけです。

新陳代謝は体温調整や毒物などの排出にも重要ですから、例えば食事量が少ない場合は水などを多めに摂らないといけませんし、たくさん食べたときは不要となります。

多い場合は排出されるだけですが、少ない場合はちゃんと摂取した場合より新陳代謝が少なくなる可能性がありますから悪循環となりますね。


排出の内訳は
●尿  1.5リットル
●蒸発 0.9リットル
●汗  0.6リットル
●呼気 0.3リットル
●便  0.1リットル

意外な感じかも知れませんね。
平均的な数値ですから、かなりの個人差があるでしょう。
寝ているときに発汗する量もありますので実感しない部分もある訳ですが、排尿が少ない人は水分の摂取量が少ないはずですから注意が必要ですね。
< 人間が摂取すべき水分量とは?の記事の続きはココから >
< 人間が摂取すべき水分量とは?の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 身体に含む水分量 ]

身体に含む水分量

< 身体に含む水分量の記事はココから >
JUGEMテーマ:健康


成人男性の場合は体の中にある水分は約60%程度です。

同じく成人女性の水分は55%程度となります。

男女の差となるのは体脂肪ですから、もちろん同じ成人男性でも標準体重と比べて痩せ型であったり、肥満型であったりすると差がでます。

痩せ型の人の水分は約65%で、肥満型の人の水分は55%と10%も差がありますよ。

年齢別ですと赤ちゃんの場合は約80%で、瑞々しいという言葉が当てはまりますね。

幼児でも70%ですが、逆に80代となると35%程度になります。


これは新陳代謝の機能が衰えてくるためです。
年齢とともにお肌に潤いがなくなるというのは、ヒアルロン酸の摂取などで短期間はカバーできますが、結局は新陳代謝を活発にしないと衰えることになります。

継続して運動することは、やはり若さの秘訣というわけで、サプリメントなどに頼るのはそのときだけのお話ですね。
< 身体に含む水分量の記事の続きはココから >
< 身体に含む水分量の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 温室効果ガスより罪な水蒸気 ]

温室効果ガスより罪な水蒸気

< 温室効果ガスより罪な水蒸気の記事はココから >
JUGEMテーマ:地球温暖化

環境問題の中でも最も重要な地球温暖化の話は、現実にはCO2削減になっていますが、温室効果ガスとして最も効果が高い、つまり最悪なものは水蒸気です。

水蒸気が問題にならない理由は、自然の循環として蒸発→雨や雪→地表というのは変えられないからですが、もちろん改善はできます。

現在のように大水害が起きて、大量の水が蒸発するのはもちろん問題です。

大量の水が蒸発すると一時的に温度上昇を招いて、さらに蒸発量が増えるという悪循環になるからです。

★対策は地表の保水力を高めること

●砂漠化を防止する
既に北京郊外まで砂漠化しており、中国はCO2の排出と合わせてダブルの罪です。

●森林破壊を防止する
森林の伐採が直接の原因ではなく、森林につけた道から原住民が侵入して焼畑農業を行なうためです。
事業者は一定以上の直径がある木しか伐採しません。

酸化した土地のため焼畑となるわけですが、営農指導か他の事業に従事するようなバックアップが必要です。


●植林地の森林を再生する
雑木林によく見られるナラやブナなどは保水能力の高い木ですが、杉などは根が浅く水分を大量には吸い上げません。

本来は雑木林がいいのですが、例えば現在の日本国内では海外産の材木に押されて、森林が放置されています。

間引きしていない杉林は日当たりが悪く、下草も生えないために土壌が弱い状態です。

ヨーロッパのようにCO2の排出する側から、二酸化炭素を酸素にする山林所有者にぺナルティや税金などをまわして、事業化できない森林でも手入れできるように補助すれば簡単ですが、今の日本政府では無理ですね。


もちろん、できることはなんでもするという意識で、一般家庭も緑を増やすようにしなければいけないと思います。
< 温室効果ガスより罪な水蒸気の記事の続きはココから >
< 温室効果ガスより罪な水蒸気の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス水の豆知識 > 浄水器のマイナス機能 ]

浄水器のマイナス機能

< 浄水器のマイナス機能の記事はココから >
JUGEMテーマ:健康

浄水器を使う理由というのは、大抵が水に臭みがあるので、美味しい水を飲みたいという理由だと思います。

臭いの原因というのは塩素によるカルキ臭で、浄水器なら間違いなく塩素を除去するテストはされているはずなので、利用者が考えている機能はあるでしょう。

塩素の働きは言うまでもなく、雑菌の発生を抑えることです。

当然、塩素を除去すると雑菌が増殖するのですが、別にタンクのような構造でなくても、浄水器の中に水分が残らないということは有りえませんので、普通に使ってるだけなら浄水器の中で雑菌を養殖しているようなものです。

小学館文庫の「続・危ない食品」の中で、セコムが雑菌の繁殖を抑える抜群の制菌力、6ヶ月常温で蓋をしない状態でも保存出来る、とても安全な水です」と宣伝された「安全水ホーム・ユニット」の水を2ヶ月保存すると水質基準の6倍の雑菌が検出されたと紹介されていました。

これはどのようなメーカーが作っても、塩素を除去して、水が器械内に残るので、100%発生する、子供でもわかる理屈ですが、なぜか大人が引っ掛かるのですね。

ミネラルウォーターでも開栓したら、例え冷蔵庫で冷やしても雑菌は繁殖します。

どうしても浄水器を使いたい人は、しばらく水を流しっぱなしにして、浄水器内の水を入れ替える必要があります。

もったいない!という人は雑菌を含む水を流さずに、電気ポットで使ってやれば雑菌も死滅します。

< 浄水器のマイナス機能の記事の続きはココから >
< 浄水器のマイナス機能の記事はココまで >

最新トラックバック
美容と健康に良い甘酒のお話!