ミネラルウォーターや海洋深層水・温泉水の情報や水に関する雑学など、人体の60%以上を占める水ですが、意外に知られていない水にまつわる一味違ったお話をお届けします

水の雑学プラス

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ 水の雑学プラス > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 水道水・小樽の水 ]

水道水・小樽の水

< 水道水・小樽の水の記事はココから >
JUGEMテーマ:地域/ローカル

小樽の水道水は偶然に見つけたのですが、東京都や大阪の枚方市など地方自治体が水道水を販売するのが秘かなブームなのか、意外に多いような気がします。

特に宣伝するものでもないので、情報もほとんどなく、偶然に見つけることが多いです。



小樽の水

他にもあるのですが、なかなか入手が難しいのが難点ですね^^

水道水なので味や成分に関しては特に紹介することはないのですが、用途としては保存水とする他に料理でもいいですし、薬やサプリメントの服用時に向いています。


但し、紅茶は硬水が合いますので、使わないようにお願いします。

以前にも説明したことがありますが、英国の水道水は硬水です。

これが驚くほど味の違いを生みますが、水と飲み物の相性を知らないと軟水が紅茶に合うと書かれているものもあります。


役所関係というのは無駄な取組みが多いと思いますが、実はボトルの裏側には小樽水道局キャラクターのみずきちゃんとみずおくんのイラストがあります。

水道水を販売している自治体でもキャラクターまで設定しているところは少ないと思いますが、デザイン料まで払って作る価値があるのかは疑問ですね。

しかも大阪ガスのぴちょん君(だったと思いますが)にイメージが似ています・・・・・

まあ、私は小樽の市民税について言う立場でもないのですが・・・・・


これは小樽市内のスーパーなどでは販売されているのだと思いますが、購入したのは地場のドラッグストアチェーンであるスズラン薬局というところです。

インターネットではなかなか見つからない水を入手しようとすると、地元のスーパーなどは必ず立寄るようにしないといけません^^

< 水道水・小樽の水の記事の続きはココから >
< 水道水・小樽の水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 羊蹄のふきだし湧水 ]

羊蹄のふきだし湧水

< 羊蹄のふきだし湧水の記事はココから >
羊蹄のふきだし湧水は、北海道で一番有名なミネラルウォーターと言えますね^^

スキーやアウトドア、温泉で有名なニセコ町の東側にある京極町の観光スポットでもある「ふきだし公園」に行くと無料でいただくことができます。

場所はニセコの道の駅から、岩内洞爺線で東に7キロ程度走ると道沿いの北側に面しています。


 ふきだし湧水

おいしい水ではありますが、おいしい水にもそれぞれタイプがあって、ふきだし湧水は冷えた状態のほうがおいしいと感じる水です。


ニセコ町にも公園の湧水がありますし、ニセコ昆布温泉・鯉川温泉旅館の湧水はかなり美味しいのでおススメですね。

北海道旅行ならニセコはお勧めのエリアの一つですが、行くことができなくても有名な湧水なので販売もされています。


 

ペットボトルと違って非常に安いのが嬉しいですね。

楽天市場でもペットボトルでは売られていないのですが、道内では「京極の名水」として売られています。
京極の名水

しかも土産店とかではなく、スーパーで入手したものです^^


非常にクリアな感じの水ですから、誰でも気軽に飲めると思いますよ。


100ミリリットルあたりの栄養成分は

◆ナトリウム   0.7mg
◆カルシウム  0.3mg
◆カリウム    0.2mg
◆マグネシウム 0.2mg

pHは7.2、硬度17mgの軟水です。
< 羊蹄のふきだし湧水の記事の続きはココから >
< 羊蹄のふきだし湧水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > ゆうきとがんばり ]

ゆうきとがんばり

< ゆうきとがんばりの記事はココから >
JUGEMテーマ:地域/ローカル

夕張に行くと売っている商品「ゆうきとがんばり」は、購入1本毎に10円が夕張市に寄付されます。

これは全くお客さんのいない「メロン城」という施設で買ったものです・・・

ゆうきとがんばり

残念ながら楽天市場でもありませんでしたが、取扱いして欲しいものです。


採水地は道南の大沼・・・・・亀田郡七飯町字大沼でピンときました^^

成分から見ると「夢水気」という商品と同じ成分ですね(笑)

結構な水量がある水源なんでしょうね。


100ミリリットルあたりの栄養成分は

◆ナトリウム   1.08mg
◆カルシウム   0.58mg
◆マグネシウム  0.24mg
◆カリウム    0.10mg

pHは8.2、硬度は26.4の軟水です。
< ゆうきとがんばりの記事の続きはココから >
< ゆうきとがんばりの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道のドラゴンウォーター ]

北海道のドラゴンウォーター

< 北海道のドラゴンウォーターの記事はココから >
JUGEMテーマ:旅行

管理人はまだ飲んだことがないのですが、いつか行ってやろうと思って調べておりますので、北海道に行かれる方のために情報提供しておきます^^


ドラゴンウォーターは日本では非常に珍しい自然の炭酸水で、もちろん無料で飲むことができます。

管理人の記憶(これが適当なんですが!)によると福島県の磐梯で湧出しているものが売られていますが他には記憶がありません。


温泉の炭酸系で飲めるものもありますが、有馬温泉は公園に炭酸泉の飲み場がある以外は温泉に入らないと飲めないのではないかと思います。



ドラゴンウォーターが湧く賀老高原は標高500mの高地にありますので、ライダーは無理なく行けますがチャリダーにはきついですね・・・頑張って欲しいと思います。



場所は道央になりますが道南に近い島牧村という日本海に面した村です。

札幌からだと内陸のニセコ経由で約180キロと4時間近くかかりますね。


雷電国道(国道229号線)の島牧村・本町で町道で内陸に向かい約10キロ走ると賀老高原があります。

古いリングで綴じるタイプのツーリングマップルでは20に位置しています・・・


あっ、水筒かペットボトルは忘れないように!



< 北海道のドラゴンウォーターの記事の続きはココから >
< 北海道のドラゴンウォーターの記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道のオロフレ山渓水 ]

北海道のオロフレ山渓水

< 北海道のオロフレ山渓水の記事はココから >
ビートたけし氏のアンビリーバボーというテレビ番組で、世界一美味しい水という表現で紹介されたそうです。

味と言うのは個人の好みがありますので、誰が飲んでも同じ評価とは言えないですが、確かにこの水は美味しいですね。

北海道のオロフレ山渓水

オロフレ山は登別温泉と洞爺湖の間にある標高1230mの山ですが、ここの峠道は平均勾配が7.48%と非常な急勾配の道です。

日本の坂というのは国道だと平均3%という話です。

これは100m進むと3m上がるということです。

オロフレ峠は自転車で一度と車で2度超えたことがありますが、車で行ったときというのは...

オロフレ峠

恐ろしい吹雪でした(汗)

購入したのは地元の土産物屋さんとか道の駅ではなく、普通にコカコーラの自動販売機で売られてましたよ^^

買った場所はと言うと....

北海道最高所・十勝岳温泉

北海道最高所にある温泉、十勝岳温泉湯元凌雲閣の浴室の前にある自動販売機です。

この日は2006年4月で、札幌では4月として観測史上最大の積雪となった日です。
オロフレと言うと吹雪きや困難との結びつきが多く、苦労の後だけにより美味しく感じたのかも知れません。


100ml当たりの栄養成分は

◆ナトリウム   0.95mg
◆カルシウム   1.13mg
◆マグネシウム  0.28mg
◆カリウム    0.25mg

純度の高い軟水ですね。

北海道では見たことのない綺麗なパッケージで、値段も一番安い。



ペットボトル派は



< 北海道のオロフレ山渓水の記事の続きはココから >
< 北海道のオロフレ山渓水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道・黒松内の幸運の水 ]

北海道・黒松内の幸運の水

< 北海道・黒松内の幸運の水の記事はココから >
黒松内と言えばニセコと長万部の中間で....と書いたところで思い出しました。

ここには水彩の森という名前のミネラルウォーターがありましたね。

栄養成分は成分は全く同じですから、同じ湧水を使ってブランドを代えて作っているのですね。

北海道・黒松内の幸運の水

他人に飲み比べてもらって、感想を聞くと面白いかも知れません^^

まさか同じものとは思えませんからね!

楽天で1番安いお店です。


< 北海道・黒松内の幸運の水の記事の続きはココから >
< 北海道・黒松内の幸運の水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道・支笏の秘水 ]

北海道・支笏の秘水

< 北海道・支笏の秘水の記事はココから >
支笏湖は札幌と苫小牧の間から少し西に行ったところにある湖です。

Wikipediaで見ると支笏湖というのは田沢湖(水深363m)に次いで、水深265mと2番目の深さだそうです。

しかも面積は琵琶湖の9分の1ながら、水深が深いために貯水量は4分の3にもなり、他にも

●面積は日本8位
●カルデラ湖としては屈斜路湖に次いで2位の広さ
●日本最北の不凍湖

となかなか記録の多い湖です。

支笏の秘水と名づけられているのですが支笏湖は千歳市に属していて、一方採水地は苫小牧市となっています。

まあ、美味しいですからいいのですが...

北海道・支笏の秘水


100ml当たりの栄養成分は

◆ナトリウム   0.76mg
◆カルシウム   0.91mg
◆マグネシウム  0.29mg
◆カリウム    0.21mg

pHは7.4です。
これだけミネラル成分が少ないと、誰もが美味しいと感じるでしょうし、料理にも合いますね。

楽天で一番安い店


< 北海道・支笏の秘水の記事の続きはココから >
< 北海道・支笏の秘水の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道・大沼の夢水気 ]

北海道・大沼の夢水気

< 北海道・大沼の夢水気の記事はココから >
北海道・大沼国定公園の横津岳山麓から湧きだす水です。

北海道・大沼横津岳の夢水気

道内で購入した時には摩周ラベルであったので考えることなく購入したのですが、採水地を見て一瞬「騙された!」と思いました(笑)

しかし大沼周辺の湧水は量も豊富でクセも少なく、北海道限定ドリンクとして有名なコアップガラナなども生産されている隠れたドリンク地帯なんですよ。


大沼国定公園は北に雄大な駒ケ岳を望むリゾート地で、1915年に実業之日本社主催による選定で新日本三景になっている風光明媚な場所です。

大沼の風景

夢水気の栄養成分(1000ml中)は

◆ナトリウム   10.8mg
◆カルシウム    5.8mg
◆マグネシウム   2.4mg
◆カリウム     1.03mg

pHは8.2の口当たりの良い水です。


楽天で一番夢水気が安いお店


(デザインが変わっていて、ちょっとびっくりしました)
< 北海道・大沼の夢水気の記事の続きはココから >
< 北海道・大沼の夢水気の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道・寿都郡の名水 水彩の森 ]

北海道・寿都郡の名水 水彩の森

< 北海道・寿都郡の名水 水彩の森の記事はココから >
北海道の寿都郡・黒松内町の湧水です。

北海道・寿都郡黒松内町・水彩の森

場所はニセコより南で、蟹飯で有名な長万部の北側ですが、ブナの北限として有名な町ですね。

ブナというと世界自然遺産として有名な白神山地を連想しますが、この湧水は貝殻地層より湧き出しているそうで、日本の湧水としては珍しくカルシウムが豊富です。

水彩の森の栄養成分は1000ml中で

◆ナトリウム   17.8mg
◆カルシウム   27.2mg
◆マグネシウム   9.4mg
◆カリウム     4.9mg

pHは7.9です。

楽天市場で実質的に一番安い店です。
金額としては500mlサイズだと1本当たり90円という店がありますが、48本購入時という条件があったので除外しています。



< 北海道・寿都郡の名水 水彩の森の記事の続きはココから >
< 北海道・寿都郡の名水 水彩の森の記事はココまで >
[ 水の雑学プラス北海道地方のミネラルウォーター > 北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館の湧水 ]

北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館の湧水

< 北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館の湧水の記事はココから >
北海道の人気アウトドアスポットであるニセコは、北海道でも有数の温泉地帯でもあります。

ニセコは道路沿いに湧水もありますが、ニセコ昆布温泉の水道から出るのは実は湧水なんですよ。

北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館

浴室には蛇口があり、火照った身体を冷ますためにも、湧水を飲みながら浸かるのがいいでしょう。

ここは立ち寄り入浴も可能で、ニセコエリアの湯巡りもありますので、この辺りに行かれる時はペットボトル持参がお勧めです。
< 北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館の湧水の記事の続きはココから >
< 北海道・ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館の湧水の記事はココまで >

最新トラックバック
美容と健康に良い甘酒のお話!